友人のバイクのレストア

友人のバイクのレストア

最近、友人がバイクのレストアを行なっており、週末はそれを手伝うのが私の楽しみになっています。まぁ、手伝うといってもたかがしれていて、何もできずに眺めているだけなんて時もありますが(笑)

しかしそれでも、バイク弄りを眺めているのは楽しいものです。私もバイクに乗るので勉強になりますし、仕組みを知ったり直す過程を見させてもらうと、なんだか一層にバイクに対する愛着も沸かさせてくれますから。

レストアしているバイクは、ヤマハのSRV250。現行でラインナップされているDS250にも使用されているほどの傑作V型二気筒250ccエンジンを搭載した、カフェスタイルバイク。もう約20年も前のバイクです。

このバイクは当時ヤマハが自信を持って市場に出したのですが、大ゴケしたという、少々残念なバイクです。なぜコケたのか分からないくらいの魅力溢れるマシンなだけに、少々ふしぎではあります。

しかしコケたお陰で、いまやSRVは不人気車のレッテルが貼られてしまい、中古車価格は異様に安くなっています。状態を気にしなければ10万円以下で簡単に手に入ります。私の友人も格安で手に入れ、そしてレストアをしているといった感じです。

レストアをはじめたのは、もう半年前。買って早々バラバラにして、使えない部品を交換したりして復活させ始めました。

大変だったのはエンジンです。少々不備があったらしく、エンジンをばらして中を調整していました。このあたりの作業は、私は完全ノータッチ。専門的すぎました(笑) でも、中身を見れたのは面白かったです。

今はフレーム、タンク、フェンダーといったパーツの塗装中です。本当は業者さんにお願いしたほうが綺麗にできるのですが、折角なので自分達で挑戦してみようと思い、塗装を剥いで錆を取って、これからいよいよ下地を塗って本塗りという段階です。

しかし、まだ肝心の色が決まっていません。あまりは派手な色が友人は好きでは無いので、無難なブラックやシルバーで良いのではないかとは思っているのですが、茶色のような渋い色もいいなと言っています。何色にするのか楽しみです。色だけでがらりと仕上がりの印象はかわりますからね。

始めた当初から一緒に手伝っていたので、完成したときの達成感はたまらなそうです。今の友人のバイクのレストアが終わったら、今度は私が何か買ってきて1台仕上げてみようかなぁ。

ベンツSLクラス

起きられない体

学生時代から寝坊が趣味、のようなところがありましたが、若い頃は「あと5分~」なんて暢気なことを言いながら寝ていました。ところが最近はどうも様子が違うのです。

体が明らかに疲れていて、起きられない。起き上がれない、と言ったほうが的確かもしれません。体が辛くて回復できていないのが、朝の段階でずばりわかるのです。

私だけでなく夫も同じように感じていることがわかりました。ということは、何かしらに原因があるはずです。

元々二人とも体が強いほうではありませんが、結婚してからなぜかお互いに体重が減るという現象に見舞われました。私は2キロ程度で収まったのですが、夫がやばいのです。

先日計ったところ、8キロも減ってしまっていました。これは喜ぶべきところではないのです。元々平均でしたから、確実に必要なものが減ってしまったということです。

筋肉が落ちたのかな、と私は思っています。だから体が疲れるのではないかと。

私は気疲れと寝不足だと自分では思っているのですが、運動不足は本当に否めません。突然足がつることも増えてきましたし、朝起きたら体がガチコチなのです。

寝ている間、息をしていないのではないかと思うくらい体が酸素を欲しているのがわかります。寝方が悪いのかなあとも思うのですが、腰もまた痛くなってきました。

疲れをとるための睡眠で疲れてしまうのですから、元も子もありません。

実際、仕事中にうつらうつらしてちょっとお昼寝したときのほうが、体も頭もすっきりしているような気がします。ということは夜は寝すぎなのでしょうか。

6時間で寝すぎということはまずないとは思うのですが・・・。なにしろ原因がわからず、とりあえずビタミンを飲んだりにんにくを飲んだりしています。

でもそういう栄養面での話ではないと、なんとなく気づいてはいるのです。

考えられるのは、部屋の温度かなと最近は思っています。寝室がベランダの横にあるのですが、窓が東向きなので夏の朝日がモロに当たる間取りになっています。

朝5時あたりからガンガン当たり出し、部屋の温度は急上昇していきます。そこに断熱マンションですから、部屋は蒸し風呂状態です。ここで寝苦しくなるのです。

今日から朝5時に合わせてタイマーをかけてみようかな、と考えています。