子どもの誕生日会

子どもの誕生日会

今日は小学生の娘の誕生日会でした。お友だちもたくさん呼んで楽しく大盛り上がりでした。

もともと友だちを招いての誕生日会というのは行なってきたことがなく、今回が初めてでした。行なった切欠は、1ヶ月前に娘が友だちの誕生日会に参加したからでした。

「うちでもやりたい!」

と、娘が言ったため、今回の誕生日会開催となったのです。

なかなかいいものですね、お友だちを招いての誕生日というのは。私も子どものころにやってもらえばよかったなと思ってしまいました。

私も子どものころ、友だちの誕生日会に参加したことは何度かありました。でもうちは正直、家もあんまり大きくないし貧乏か裕福かといえば貧乏でしたので、たいした誕生日会ができないと思って、親に誕生日会をやりたいとは言えなかったのです。

「お友だちの誕生日会に行ってきたんでしょ? じゃあ、今度うちにお友だちを呼んで誕生日会をやるかい?」

と、母親に言われたことがあったのですが、私は言葉を濁して断った記憶があります。友だちの家の誕生日会はどれも盛大なパーティでしたので、どうしてもそれと比べると、うちで誕生日会をする気にはなれませんでした。

母親は結構乗り気だっただけに、私が断ると寂しそうな顔をしていたのを覚えています。当時はそれを見ても何にも感じませんでしたが、今思い出すと涙が溢れてしまいます。「お母さんごめんね」という気持ちが頭を巡ってしまいます。

うちのかみさんは、娘の誕生日会の料理を楽しそうに作り、それを美味しそうにお友達と娘が食べるのを見て本当に嬉しそうにしていました。私の母親も、きっとそれを味わいたかったことでしょう。私は本当に母親に酷いことを言ってしまったものです。

誕生日会以外にも、私は母親に家が小さいことやお金がないことを愚痴っていました。しかし母は、そんな私の愚痴に対して怒ることはなく、悲しそうな顔で頷いていました。一度「ごめんね」とぽつりと声を漏らされた時は「僕はなんて酷いことを言ってしまったのだろう」と激しく後悔しました。

まぁ、当の本人にあの時の私の酷いことを言われてどうだったか尋ねると、全然覚えていないと言いました。私が愚痴ってもほとんど聞いていなくて、実は「はいはい。ごめんね、ごめんね」と軽くあしらっていただけとのことでした。

私は罪の意識から、母親が悲しくしていたように感じていたのかな?(笑)

多重債務整理

ワンタンメンと父

家庭を顧みず好き勝手に生きてきた父親でしたが、たまに家で食事をすることもありました。とにかく驚くほどの偏食家で、野菜はほとんど口にしなかったといいます。

好きなものだけ食べて生きる。まさに生き方そのものだなあと、今になってみればある意味感心するところであります。そんな父が好きだった料理がインスタントラーメン。

中でもエースコックのワンタンメンが大のお気に入りでした。

オレンジっぽい色の袋にかわいい豚のコックさんがプリントされた、エースコックのワンタンメン。スーパーに行けば今でも懐かしい味を買うことができます。

なんの変哲もないただのラーメンなのですが、スープがワンタンメンっぽく塩コショウベースなのです。あっさりとした中に、ペラペラのワンタンが3枚ほど浮かびます。

そのワンタンが好きだったそうで、子どもたちがいくらねだっても絶対にワンタンだけは食べさせてくれませんでした。

母いわく、そのワンタンだけあればきっとお父さんは生きていけるだろうね、とのこと。大げさですが、それほど好きなものだったそうです。とにかくワンタンメン一筋。

たまたまストックが切れていて他のラーメンを出すと、それこそ星一徹のようにちゃぶ台をひっくり返す勢いで怒り狂ったといいます。なんて子どもな父なのでしょうか。

他のラーメンで許されるのは「うまかっちゃん」というラーメンと「出前一丁」だけだったみたいです。

父はチキンラーメンが嫌いでした。その理由がまたバカげているのですが、チキンラーメンには色々な栄養が含まれているそうなのです。詳しくは知りませんが。

それが父的には気に入らないらしく、ラーメンのクセに栄養があるなんてふざけた奴だ、と怒っていたらしいです。まったく理解できません。同じ人間でしょうか(笑)

とにかくワンタンメンは食べるたびに褒めちぎっていたといいますから、それを録音してエースコックさんに送ってあげたいぐらいです。

その遺伝子を受け継いでいる私は、ワンタンメンはあまり好きではありません(笑)インスタントラーメン自体は色々と食べることがありますが栄養面で不安があります。

あえて食べるなら、それこそ栄養豊富なチキンラーメンを選びます。おだしも美味しいですしね。栄養豊富な食べ物が嫌いという人間がまったく理解できません。

たまにとてつもない偏食家がいますが、そこに自分の父親が入っていると思うとなんだか不思議な気分です。